人気ブログランキング |

Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 19日

ONKYO C-1E

d0121493_743899.jpg

オンキヨーのCDPだ。
それなりの時代のものだけど
当時のカタログをみるとオンキヨーさん渾身のCDPみたいだ。
おおきな特徴のひとつがトップローディング方式であること。
d0121493_762331.jpg

現在使っているTASCAMのCDPとCDR、ともにスリットからCDを挿入するタイプ。
このCD挿入と排出がけっこう「心配」なわけ。
これまで二機種ともこの部分の不具合で修理に出してきた。
なんとも不安なわけ。
このトップローディング方式ならその心配からは解放してくれる。
しかもすべて手動なのでふたが開かないというトラブルもありえない。
トレーが繰り出してくるタイプも使ってきたけどトレーが出てこないというトラブルも体験済み。
だからどうしてもこういうタイプに関心があるのね。
d0121493_713555.jpg

ちょっとしたお作法のあと、リモコンで演奏開始。
こいつにはリモコンが必須だ。
けっこうどっしりとした音やなあ。
もっと繊細で細身の音を想像していたんだけど。
いい感じ。

by jazzwithaltec | 2012-06-19 07:15 | audio
2012年 06月 11日

Siemens 22a

シーメンス22aをやっとボックスに入れた。
d0121493_2184033.jpg

ご覧のとおり、元箱は往年のサンスイのボックスだ。
ちょこっと加工して22aを組み込んだ。
約90リットルほどのボックスなので密閉に。
そのままで音出し。

さすがはシーメンス。
ボーカルが実にリアル。クリア。
だが.................
高音部が物足りない。
ハイハットの「チンチンチン」というのが出てこない。
iPhoneのアプリでスペアナが見られるのがあるのだが
それで見てみても低音部の分厚さに比べて高音部の弱さが目立つ。
もちろん正確なデータではないけれど、それでもそれなりの傾向はつかめる。
便利な時代になったもんだなあ。

スピーカーケーブルを変更してみる。
テレフンケンのチョコレートケーブル。
以前のDEWアルニコ付き8インチのときはシーメンスのグレーコードだった。
それの使い回しでもよかったのだが、ま、同じメーカーというのも
芸がないのでね(^ ^);;
最初は太めのコードだったのを細めのものと交換。
うん、これで少し高域が改善された。
iPhoneアプリでの確認でもそれが目で確認出来る。
さらにFOSTEXのツイーターを追加してみる。
2.2μFで低域をカットしたものだ。
うーーん、良い感じになってきたぞ。
6オームのSPに最大出力8Wのアンプなので実際に流れる電流は
ほんの1A以下しかないだからもっと細くてもいいかも。

聞き込みながら調整をしていこう。

by jazzwithaltec | 2012-06-11 21:17 | audio