人気ブログランキング |

Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 24日

逆相ツイーター

メインシステム=FEHO+ツイーターの2ウエイスピーカー。
ヴィンテージもののフルレンジFEHO8インチにツイーターを載せているのだが
たとえばシンバルのチーンという音がきらめかないのである。
なんだかもやっとしている。
不満である。
そこでツイーターの接続を逆相に変えてみたのである。

「おおっ」思わず声が出た。
これまではボリュームをマックスにしてもたいした効果はなかったのに
逆相にするとある程度絞り込まないといけないぐらいツイーターが自己主張
しはじめたのである。

うん、これでこそ、ツイーターを追加しただけのことはある。
オーディオはあれこれ試してみるのが一番だなあ。
しみじみ。

by jazzwithaltec | 2010-10-24 21:25 | audio
2010年 10月 24日

逆さまガラス玉インシュレーター

d0121493_215579.jpg

WEGAスピーカーのガラス玉インシュレーター。
柔いプラスチックの脚カバーがスピーカーに接していて
ガラス玉=スピーカー台との接触は点=は下側にしていた。
(2010/9/23参照)
これをスピーカーをガラス玉で直接受けてスピーカー台側に
脚カバーというふうに逆にしてみたのだ。
ある意味、これでスピーカーはたったの4つの「点」で中空に浮いていることになった。
箱鳴りを活かすということではこのほうが正解だろう。
d0121493_2161120.jpg

音質の違いはどうか?

「........................................」

我が駄耳にはその区別が判読不可だった。
見た目と精神衛生上、このままでしばらく行く。

by jazzwithaltec | 2010-10-24 21:12 | audio
2010年 10月 03日

演奏者のニュアンス

スピーカー保持=ガラスボール+脚カバー=を
ドイツ ヴィンテージスピーカー=FEHO=にセットして聴き始めてる。

購入して一回だけ聴いてそのつまらない演奏にがっかりしたCD。
オクラ入りしていたその弦楽四重奏のCDを、気になることがあってCDPへ。
というのはガラスボール+脚カバーではクリアになり濁りというか滲みが激減。
その効果は大きかったのだが、それらはジャズCDでのことだった。
クラシック音楽ではどうなのか?
これは試してみるほか無い。
で、件のCDである。

ちょっとびっくり。
曲の導入部からこの豊かな音楽性はどうだ(^-^)/~~
この情感たっぷりの演奏はなんなんだ!
じつに弦が滑らかで弱音が美しい。
思いっきり聴き込んでしまう。

うーん。
スピーカーボックス保持=ガラスボール+脚カバー=はC/P最高だ。
大成功\(^o^)/

by jazzwithaltec | 2010-10-03 21:55 | audio
2010年 10月 01日

ガラス球スピーカーシンシュレーター

WEGAスピーカーにガラスボールと脚カバーの組み合わせが
うまくいったので、それに倣って
ドイツ ヴィンテージスピーカー「FEHO」のスピーカーボックス保持にも
ガラスボールと脚カバーを使うことにした。
これだ。
d0121493_22151879.jpg

これまではきわめて固くて重い木をかませていた。
それはそれなりにいいと思っていた。
d0121493_22164236.jpg

今回はこれに。
d0121493_22165519.jpg

脚カバーのプラスチックからほんの数ミリだけどガラスボールがのぞいてる。
それをガラスボールを下にしてスピーカーボックスとフロアーの間に。
ガラスという素材は非結晶個体だそうで、固有の共振音が少ない。
さらに球体なのでフロアと面でなく「点」で接することになり、接地面を少なくすることで
余計な振動を床に伝えないように出来る。
ガラスボールを保持するために柔らかい材質の脚カバーと組み合わせているので
ここでもスピーカーの振動を遮断吸収してくれるのだ。
スピーカーボックスが中空に浮かんでいるという状況にはならないけれど、
今までのように固い木材とフロアとが面と面で接しているのと比べると
接触面積の差は大きく、振動の伝導率は激減している。

前後四ヶ所の「点」でスピーカーボックスを支える。
その結果は............................
WEGAの時と同じくクリアなすっきりした音になった。
あいまいさのない音だ。滲みや濁りが減少。
低音の歯切れも良くなった。
これは今までがスピーカーボックスからフロアに振動が伝わっていたということか。
当分はこれでオッケだ。
これからは音楽をもっともっと楽しもう。

機器の入れ替えはしばらく無しだ。

by jazzwithaltec | 2010-10-01 22:20 | audio