人気ブログランキング |

Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

ドイツのヴィンテージスピーカーを楽しむ

ドイツのヴィンテージスピーカーと言えばKlangfilm系。
WEがアメリカならばこっちは欧州が舞台。
日本ではどちらかと言うとウエスタンもののほうがポピュラーだが、
ともに同じ時代に切磋琢磨して磨き上げたものだ。
Klangfilmのシステムなど、とても一般家庭では使えないほど、すごい。
その末裔として我々が楽しめるのは
Grundig
Isophon
Loewe
Lorenz
RFT
SABA
Siemens
Telefunken
Wega などなど。
それらのメーカーにパーツとして、あるいはOEMとしてスピーカーを提供してきたメーカーのひとつがDEW社だ。
これがDEWのマグネット。
d0121493_15362857.jpg

このサイズでもちろんアルニコ。
コーンはパンッとはじけば乾いた音がするペーパー。
軽くて固い。
d0121493_15374124.jpg

スピーカーは例のARから発売された低能率タイプをハイパワーのTrアンプで駆動するようになってから
重いコーン紙になってしまった。
これはもちろんそれ以前のものだから能率も98dB前後もある。
数ワットの真空管アンプで部屋中に響き渡る。
スピーカーコードもほぼ同じ時代のシーメンス製を使う。
これが我が家のメインスピーカーだ。

なかなか市場に出てこない。
オークションなどでじっくり探そう。
思いがけないお値段で手に入る。
音のひとつの方向としてドイツ系の音も楽しんでくれ。
条件は出来るだけ大きなボックスを用意することだけだ。
人の声のリアルさにきっとビックリするぜ。

by jazzwithaltec | 2009-08-31 15:46 | audio
2009年 08月 24日

ツイーター

手元に転がっていたツイーターを繋いでみる。
d0121493_21423110.jpg

コンデンサで低域をカットしただけのもの。
フォステクス製。

もともとこのスピーカー=FEHO 8inch=と自作ボックスとの組み合わせでは低域がよく伸びてるのだ。
そこに高音域が加わったのだからね。
フルレンジ+ツイーターという王道的2ウエイに発展したということ。
良いはずだ。

しばらくはこの組み合わせを楽しんでみよう。

by jazzwithaltec | 2009-08-24 21:44 | audio
2009年 08月 24日

ポール・チェンバースその2

Paul Chambersがベースを弾いているセッションのCDはたくさんあるのはご存知の通りだ。
有名なマイルス・デイビスとのセッションは言うまでもない。
それ以外のいくつかを紹介する。
d0121493_21303245.jpg

まずはArt Taylorアート・テイラー(ds)のDave Burns(tocj-7107)。
1960年8月の録音で一曲目からポール・チェンバースのソロがある。
このCDで聞いてほしいのは3曲目MOVE。
アート・テイラーのドラム、そしてヴァルデスのコンガとのからみがいい。
さらに6曲目のBlue Interlude。
それぞれのソロパートも楽しませてくれるが、そのバックでしっかり仕事している
ポール・チェンバースのベースに注目してくれ。

さらにもう一枚。
テナーサックスのジョニー・グリフィンのThe Congregation(tocj7142)
d0121493_21355311.jpg

一曲目のタイトルチューン=ソニー・クラークのピアノソロも素敵だが
途中からのポール・チェンバースのベースのソロが楽しめる。
4曲目にはポールお得意の弓による弾き語りがある。

これらのCDを聴いてみると
ポールのベースがいかに確実に忠実にリズムを刻んでいるかがよくわかるね。

全体にハード・バップなんだけど、
これだけマジに弾かれるとそのジャンルを越えてジャズの懐の深さが実感できるぜ。

by jazzwithaltec | 2009-08-24 21:40 | bluenote
2009年 08月 17日

ポール・チェンバース

d0121493_1645848.jpg

歯切れ良く、ズズズン!と来るベースはジャズの醍醐味のひとつ。
そしてベーシストがピカイチなら、なおさらだ。
ポール・チェンバース(Paul Chambers,1935/4/25-1969/1/4)なら言うことはない。
マイルス・デイビスを支え、ハードバップ時代を駆け抜けたベーシスト。
さっそく聴いてみよう。
今日のCDは「Paul Chambers Quintet」ブルーノート1564。
メンバーがすごい。
ドナルド・バード
クリフ・ジョウダン
トミー・フラナガン
エルビン・ジョーンズ
彼はこの時代のいろいろなシーンに参加しており、パーソネルを見るとこんなところでもベースを弾いていると驚かされる。
まさに一時代を築いたベーシストだ。
このCDでは特に3曲目がいい。

Softly, As in a Morning Sunrise

弦を操るパワー全開。
彼の真骨頂だ。
もちろん他の曲でも律儀にしっかりとリズムを刻むベースが楽しめることは言うまでもない。

ぜひ彼が参加しているジャズを聴くときは低音部に注目してくれ。
サックス等に決して埋もれてしまわない指使いが堪能出来るはず。

お気に入りの一枚です。

by jazzwithaltec | 2009-08-17 16:45 | bluenote
2009年 08月 12日

現在のシステム3

なんでアンプはアンプSHOPミズナガさん特製なのか?

オーディオを再開するにあたって知人から真空管アンプを借りることができた。
6L6プッシュプル。
これがそれまでの石アンプとは音の出方が違ったのね。
スピーカーがドイツ製のビンテージもの、しかもシングルコーンフルレンジだということもある。
その能率が98dbぐらいあるのも理由になるかもしれない。
それでせっかくオーディオを再開するのなら真空管で!と決めたわけ。
じゃあ、昔から憧れてたマランツとかマッキンとかがあるじゃあないか。
なぜ新たに作ってもらったのか?
確かに往年の名機には憧れるけれど、はたして今入手した機器の音が当時の音だろうか。
それぞれのパーツの経年劣化もすすんでる。
また故障などしたらエレキ音痴のわたしにはどうしようもない。
それならば信頼の出来るメーカーに新たに注文してしまおう。
故障しても保証も修理もオッケだ。
という理由で見つけたのがアンプSHOPミズナガさんというわけだ。
これは大正解。
おすすめです。

by jazzwithaltec | 2009-08-12 16:54 | audio
2009年 08月 12日

現在のシステム2

プリアンプとCDなどの機器はこうなってる。
d0121493_17111888.jpg

プリアンプは300Bと同じアンプSHOPミズナガさん特製だ。
LR別ボリューム。
XLR出力端子付。
REC出力端子付。
さらにモノアウト付だ。
CDはTASCAM製。ひとつはCDRとCFメモリに録音が出来る機種だ。
久しぶりに再開したFMエアチェック用なのね。
チューナーはサンスイTU-α707+5素子アンテナ。
d0121493_17115411.jpg

感度はばっちり(^-^)V

こういうシステムでジャズを楽しんでおります。

by jazzwithaltec | 2009-08-12 16:45 | audio
2009年 08月 12日

300Bの置き方

当初はこの台の上に置いていた。
d0121493_16344681.jpg

大理石ボードに直置きしたり、半分丸太をかませてみたり。
この置き台はウッドデッキに使う木材でかなり固くて重いものを組み合わせて製作したもの。
がっちり出来た。
それに大理石ボードを重ね、ここにセット。
しかし大理石ボードを指先でツンツンたたくと真空管に響くのだ。
これはあかんでしょう(^-^)/
ということで下段に移動。
d0121493_16302868.jpg

大理石ボードをやめて敷き台にはMDFをベニヤでサンドイッチしたものに変更。
固く、重い。
ここでその土台を指先ツンツンしてみた。
大丈夫(^-^)/ 影響なし。
こうして聞き比べると低域ががっつりと安定してきたように聞こえる。
天井板までの高さもそこそこあるので温度対策も大丈夫だろう。
しばらくはこのスタイルでいこう。

by jazzwithaltec | 2009-08-12 16:37 | audio
2009年 08月 12日

現在のシステム1

パワーアンプとスピーカーはこうなっている。
d0121493_16132721.jpg

約160リットルのボックスに8インチのシングルフルレンジ。
ボックスは後方に約100平方センチの開口がある。
強固加工はこんな様子だ。
d0121493_16144740.jpg

左側が天板になる。
スピーカー本体はネジでバッフル板に留めたうえでマグネット部分にテンションを掛けて押しつけ。
d0121493_1618586.jpg

天板と底板、左右の側板も角材でテンションを掛けてある。
その間に吸音材。
これで箱鳴りもなくなり、すっきりした音になった。
d0121493_16203717.jpg

天板の上には大理石ボードを乗せて共振とともに重量を稼いでいる。
これがメインスピーカーだ。

その上はWEGA(ベガ)のスピーカー。
WEGAはやっぱりドイツの著名な音響メーカー。
1970年ごろにソニーに買収されてしまった。
楕円スピーカーとツイーターの2WAY。
これは箱鳴りを活かした設計なので浮かせて設置。

ともにDEWというドイツのアルニコマグネット付きのユニットだからだろうか。
音質は近い。
しかし8インチFEHOのほうがレンジは広く、雄大に鳴る。

by jazzwithaltec | 2009-08-12 16:27 | audio
2009年 08月 12日

300Bシングルアンプ

300Bシングルアンプだ。
アンプSHOPミズナガさん特製。
d0121493_11521080.jpg

モノラルで左右対照デザインだ。
しかも入力はRCAとXLR切替可能。
出力もSP2系統切替方式。
なんとも素敵なカスタムアンプが出来上がってきた。
ミズナガさん ありがとうございます。
d0121493_1155732.jpg

これでWEGAとFEHOのスピーカーがスイッチ一つで切り替え楽しめる。
ともにDEWというドイツのマグネットを使ったスピーカーだ。

by jazzwithaltec | 2009-08-12 11:58 | audio