Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 25日

NEUMANNとEMTのケーブル

ノイマンとイーエムテー。
共にプロ機器の世界では名門ブランド。
そのマイク用のケーブルで作成されたRCAケーブルを買った。
d0121493_10254580.jpg

グレーのほうがEMT
d0121493_1026496.jpg

黒いほうがNEUMANN
d0121493_10261464.jpg

ともに柔らかなケーブルで太さも同じぐらい。

先日のことなんだ。
PCとDACとの間を繋いでいるのはUSBケーブル。
それがパソコンに付いてきた「付録のUSBケーブル」だったのね。
いくらなんでもそれはないでしょ(^-^)/
というわけで先日オーディオ用と称するUSBケーブル(オヤイデd+USB ClassA)に換えてみたところ
さすがにその差は大きい。
やっとまともにPCオーディオの入り口にたどり着いたかな。

その体験から、CDPとアンプとの接続ケーブルも換えてみようと思い立った。
さっそくウエブでサーチ。
もちろん何万円も何十万円もするケーブルは買えません。
なん千円クラスをサーチです。
で、やってきたのがこの二本だ。

ノイマンのほうはクリーンで解像度の高さがさわやかな印象。
EMTはこれに比べると音的にやや太めで低域が伸びている印象。
どっちも良い感じ。
もちろんエージングはこれからだからその印象も変わってくるはず。
うふふ
楽しみがひとつ増えました。

それまで使っていたのはニッポン製のカナレ。
今回のノイマン・EMTと比べるとちょっと太くてちょっと固い。
国産のケーブルとしてはモガミさんのと双璧と言われてる。
これをDACとアンプ間のケーブルに差し替え。
USBケーブルが変わり、さらにRCAケーブルまで変わったのでPCオーディオがどう変わったのか!?
結果、PCの音楽演奏アプリケーションによる音質の差がよく判る。
これほどまでに音楽演奏アプリによって違いだあるんだねえ。
ちなみ我が家のPCには
WFP
AudioGate
iTunes
foobar2000
そしてウインドウズ付属メディアプレーヤーが入っている。
それぞれの個性がはっきりと聞き分けられるようになってきた。
さすがはカナレだね。
一番鮮烈でクリアだったのはWFP。
foobar2000もよく健闘してる。
ちょっとがっかりだったのはAudioGate。
これはDSDファイルやハイレゾが演奏できるので重宝していたんだけどなあ。
[PR]

by jazzwithaltec | 2013-01-25 10:43 | audio


<< オーディオケーブルで音は変わるのか?      CDのピックアップレンズ >>