Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 07日

THE AMAZING BUD POWELL

2013年のオーディオ事始めはデジタルではなくアナログだ。
d0121493_14184119.jpg

ブルーノートのリマスター版LPシリーズを買いそろえている。
年末に届いたシリーズには45回転のEP版が付いてきた。
d0121493_1421141.jpg

一面に一曲づつ。裏表でたったの二曲だけだけどこういうおまけはうれしいね。

d0121493_1424308.jpg

今年の初アナログは
BUD POWELL
”THE AMAZING BUD POWELL vol.1,2”
ブルーノート  BLP 1503/1504
その1とその2の連続ものだ。
BUD POWELLのブルーノートレーベルでの最初のアルバム。

BLP 1503
"Un Poco Loco" (1st Take)
"Un Poco Loco"(2nd Take)
"Un Poco Loco"
"Dance Of The Infidels"
"52nd St. Theme"
"It Could Happen To You" (Alternate Master)

"A Night In Tunisia" (Alternate Master)
"A Night In Tunisia"
"Wail"
"Ornithology"
"Bouncing With Bud"
"Parisian Thoroughfare"

BLP 1504
"Reets and I" (Harris)
"Autumn in New York" (Duke)
"I Want to Be Happy" (Youmans, Caesar)
"It Could Happen to You" (Van Heusen, Burke)
"Sure Thing" (Kern, Gershwin)
"Polka Dots and Moonbeams" (Van Heusen, Burke)

"Glass Enclosure"
"Collard Greens and Black-Eyed Peas" (Pettiford)
"Over the Rainbow" (Harold Arlen, E.Y. "Yip" Harburg)
"Audrey"
"You Go to My Head" (J. Fred Coots, Haven Gillespie) –
"Ornithology"

特にウン ポコ ロコの3テイクを一気に聴けるのが楽しい。
アナログレコードはCDと比べて音の厚みが違う。
一気に二枚のLPを聴く。
それぞれA面とB面があるのでひっくりかえさなければね。
そんなお作法も楽しい。

あぁあ、フルオートのプレーヤーが欲しいぞv(^o^)
[PR]

by jazzwithaltec | 2013-01-07 14:36 | bluenote


<< CDのピックアップレンズ      ROGERS LS3/5A >>