Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 05日

Leak PointOne+Stereo20

DECCA LONDON ENCLOSUREにもっともふさわしいアンプと言えば
QUAD 球アンプが思い浮かぶ。
実はいろいろと探していたんだ。
そんななかで発見。よりふさわしいアンプがあるじゃないか!
それが、これだ。
d0121493_22341858.jpg

Leak PointOne+Stereo20だ。
スイッチオンでプリアンプの真ん中にランプが灯る。
こういうのって、好きだなあ。
d0121493_22363070.jpg

Leakのアンプは、というか当時の英国のアンプはQuadもそうなんだが
プリアンプへの電源はパワーアンプから供給されるのだ。
つまりプリとパワーとがセットになるように作られているわけ。
このアンプもプリ部へはパワーアンプであるStereo20から供給される。
ちょっと調べてみる。
Stereo20は1958年から1967年まで製造されたパワーアンプ。
ゴールドカラーなのは初期型か中期型だ。中期以降は黒いそうだ。
というと、なんと50年も経過した古いものなのだね。
だからオーバーホールすることを前提にゲット。
ラボに送り込む前にちょこっと音出し。
ふーむ。
思っていた以上にしっかり、どっしりした音だ。
これがEL84(6BQ5)の音なのかな。
現代のアンプには望めない音質だね。
これは期待度は高いぞ。
ミズナガアンプさんで整備してもらいましょう。

本領を発揮してくれるのはそれからあとだ。
楽しみだなあ。
ミズナガさん よろしくです。
[PR]

by jazzwithaltec | 2011-10-05 22:44 | audio


<< Decca Ribbon Tw...      『From Californi... >>