Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 26日

TESLAがぁ..............

こういうトラブルって突然やってくるんだ。
なんの予兆も無くね。
Lchのボリュームをうごかすと雑音が入る。
加えてボリュームを回しても音量が変化しない!
うーん。困った。
原因を切り分けなけえば(汗、汗)
1)スピーカーを切り替えてみる。
予備のスピーカーでも同じ症状がでる。
これはスピーカーが原因ではない。
2)パワーアンプを交換してみる。
同じく変化なし。パワー段が原因ではない。
3)ということはプリアンプに問題が発生しているのだ。
考えられるのはボリューム部分か。
でもこの雑音はいわゆるボリュームからの「ガリ」じゃあない。
ならば、どこだ????

そうなんです。
こういう症状はプリ管がトラぶっているんだ、きっと。
お気に入りのTESLAなのにぃ。
TESLAをはずして予備の真空管と置き換える。
PINNACLE 13D5A.
うん、プリ管を交換するとあの症状が無くなった。
TESLAになにがおこったのか?寿命なのかな。ここは交換しかないね。
d0121493_23341240.jpg

ついでに後段の真空管も交換しておこう。
ここはPINNACLEの性格をそのまま生かす方向で6189Wだ。
d0121493_23355188.jpg

PINNACLE 13D5AはTESLA ECC82をちょっとモダンにした感じ。
現代的な音なのだが軍用管みたいに情緒が薄いわけじゃない。
これで「雑音」からは開放された。
真空管の予備を確保するって、必要ですなあ。

それにしても真空管そのものの「劣化」って、こういう症状なんだね。
いい勉強になりました。
[PR]

by jazzwithaltec | 2011-06-26 23:40 | audio


<< DECCA LONDON EN...      DECCA LONDON EN... >>