Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 05日

TungSolの実力

d0121493_2027635.jpg
 
ノイズの原因である初段6SN7GT管を交換する。
これでどんな変化が出るか。楽しみだ。
d0121493_20273420.jpg
 
ベースの色が左右二本で違うけど、まあ、真空管のことだもの。
気にしない、気にしない。
通販業者から新品をネットで購入。
ミズナガさんがお教えくださった業者の一軒からだ。
しかもその業者さんでチェック済みというから、
真空管初心者のわたしには心強い。安心だ。

で、肝心の音の変化だ。
なんと、低音がズィッと伸びた。
ベースの音がしっかり出てくる。
またピアノがきれいだ。ころころと転がってる。
これは意外な発見。体験。
真空管アンプの醍醐味のひとつが真空管のブランド交換による音の変化だが
これほどとはねえ。
エージングしていくとさらに変化があるだろうけど
ブランド変更・真空管差替って、楽しいな。

ちょっとうれしい。
[PR]

by jazzwithaltec | 2010-12-05 20:24 | audio


<< TungSol製は静かなのか      TUNG-SOL 6SN7GTB >>