Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

Wave File Player for Experimental

SPコードをこれまでのシーメンス単線から同じシーメンスのグレー撚り線に交換した。
60年代のものだ。一聴、音に馬力が加わった。
以前の音は敢えて言うと「痩せた」音に聞こえる。
しばらくはこのSPコードを楽しもう。

d0121493_14412437.jpg

Wave File Player for Experimentalである。
そう、PCオーディオなのである。

一度ノートPC+iTunesを持ち込んで聴いてみたことがあった。
予想通りその出てきた音は現行システムとは比較にならなかった。
レンジが狭く、躍動感がない薄っぺらな音しか出てこなかったのだ。
まあ、こんなもんだろう。そう思い込んだ。
この時の音楽演奏ソフトはiTunesよりはマシだというメディアモンキーだった。
しかし今回WFPをインストールしてみる機会があり
もう一度ノートPCを持ち込んでみたのだ。

CDリッピングソフトはやっぱりiTunes。
ややお節介なところがあるがファイル整理の便利さはさすがである。
セーブする際のファイル形式はWAVE。
8GのUSBメモリーに保存。
DACもUSB経由の入門用(安価という意味ね)
ここまでは以前と同じだ。
音楽演奏ソフトのみ、WFPに変更したというラインナップ。
さて、実験開始だ。

「.......................................................。」

びっくりした。
ライブ会場の暗騒音のリアルさ。
ボーカルの生々しさ。
以前の出方とは次元が違う というのは言い過ぎか。
音楽再生ソフトで、こんなにも変わるものなのか!
以前のときの印象をまったく書き換えてしまった。
これなら「マジで」現行システムとの比較をやってみようかと思わせてくれる。
そんなレベルなのだ。

うーむ。
PCオーディオは侮れない。
ちょっとその気になりそう。
[PR]

by jazzwithaltec | 2010-08-30 14:43 | audio


<< スピーカー      WEGAを建てる >>