Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 12日

現在のシステム1

パワーアンプとスピーカーはこうなっている。
d0121493_16132721.jpg

約160リットルのボックスに8インチのシングルフルレンジ。
ボックスは後方に約100平方センチの開口がある。
強固加工はこんな様子だ。
d0121493_16144740.jpg

左側が天板になる。
スピーカー本体はネジでバッフル板に留めたうえでマグネット部分にテンションを掛けて押しつけ。
d0121493_1618586.jpg

天板と底板、左右の側板も角材でテンションを掛けてある。
その間に吸音材。
これで箱鳴りもなくなり、すっきりした音になった。
d0121493_16203717.jpg

天板の上には大理石ボードを乗せて共振とともに重量を稼いでいる。
これがメインスピーカーだ。

その上はWEGA(ベガ)のスピーカー。
WEGAはやっぱりドイツの著名な音響メーカー。
1970年ごろにソニーに買収されてしまった。
楕円スピーカーとツイーターの2WAY。
これは箱鳴りを活かした設計なので浮かせて設置。

ともにDEWというドイツのアルニコマグネット付きのユニットだからだろうか。
音質は近い。
しかし8インチFEHOのほうがレンジは広く、雄大に鳴る。
[PR]

by jazzwithaltec | 2009-08-12 16:27 | audio


<< 300Bの置き方      300Bシングルアンプ >>