Jazz, Jazz and Jazz.

jazzdog.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 01日

今年の聴き始めはUHQCDだ!

12月に付録CDに惹かれて買ったAudioAccessory誌167号。
その付録がVENUS RECORDSのサンプラーCDだ。
1992年にレーベルを立ち上げて25年だそうです。
お祝いにサンプラーCDが付録になったのね。
こういうのって「ある。ある」だけど、今回の付録CDはちょっと違う。
問題はまさにCDそのものの材質というか、製作方法なのである。
一般的なCD規格44.1kHz/16bitにのっとりながらはるかに高音質なCD
なのである。UHQCDと呼ぶそうな。
(UHQCDとは何?についてはググってみてください)
これは期待値は高いでしょ。
d0121493_17453602.jpg
年末大掃除に合わせて、実はスピーカーのセッティングを変更。
デッカロンドンエンクロージャーを少しだけ壁に近づけて、尚且つ
外向きにちょっとだけ振ってみました。
スピーカーの設置については単に置いただけではだめ。
部屋との相性も考慮しながら、リスニングポジションとの関係も考え
微妙な位置関係を試行錯誤しながら決定していくものなんだよね。
で、思い切って動かしてみたというわけ。
これまでと比べて定位と分離がよくなったぞ(^o^)/
音の鮮度があがったのだ。

さっそくスピーカー新設置条件下でUHQ-CDを聴く。
おおっ
一般のCDでも定位と分離があがったのだが、付録UHQCDは
更にさらに更にアップした。
これはいい。
UHQCDはすばらしい。
d0121493_17455346.jpg
ということで今年のスタートはレコードではなくてUHQCDだ。
ヴィーナスレコードプレミアム25 UHQCDボックスセットも
早速発注してゲット済なのだ(^-^)Yヴイッ



[PR]

# by jazzwithaltec | 2018-01-01 17:46 | audio
2017年 09月 22日

7インチレコード

このごろは雑誌やムックにすごい付録がついてくる。
バックや万年筆、腕時計から革財布まで。
音楽関係誌にCDが付くのは普通のことでハイレゾDVDが付いてくる時代だ。
それが評判でその号は販売数が激増するらしい。

「アナログ,,,,,,」と言う名の季刊誌の付録がなんとレコードだ。
それも45回転の7インチ盤。

デジタルの時代、ハイレゾがどうのこうのという時代に
アナログレコードが付録だという。
これは「買い」でしょ(^o^)/
d0121493_21332969.jpg
というわけでさっそく聴いてみました。
ガラード401を45回転にセット。
オーディオテクニカのロングアームにはデッカーMk V。
アンプはリークのポイントワンとステレオ20だ。
スピーカーもデッカのロンドンエンクロージャアというラインアップ。
ブリティッシュ ヴィンテージ システムだね。

うーん、いいじゃん(^-^)Yヴイッ
レコード制作に携わったのは最新の技術に裏打ちされた企業たち。
針音が消えて一瞬の静寂のあと、鮮烈な伴奏が始まり
アン サリー の歌声が流れ出す。
この感じ、この感覚、この響きが素晴らしい。

たまらず、手元のLPを取り出してくる。
付録のレコードをきっかけにしてアナログレコード個人鑑賞会が始まってしまった。
やっぱりレコード「も」いいなあ。




[PR]

# by jazzwithaltec | 2017-09-22 21:39 | audio
2017年 05月 05日

BYRD's WORD JAZZ でお昼寝する

世間はGWでお出かけ中。
好天なのは承知しているし、どこかへお出かけしたいのだが、
あの渋滞と混雑はごめんだ。
ということでアトリエに籠っています。
好きな古代史の本を読みながらね。
今が盛りの庭の花たちの写真も撮った。
昼ご飯も済んだ。
午後はゆったりとジャズを聴こう。

SAVOY JAZZ 12032
d0121493_20071125.jpg
DONALD BYRD/BYRD'S WORD
1.WINTERSET
2.GOTCHA GOIN'N COMIN'
3.STAREYES
4.SOMEONE TO WATCH OVER ME

DONALD BYRD(tp)
FRANK FOSTER(ts)
HANK JONES(pf)
DAVE CHEMBERS(b)
KENNY CLARKE(ds)

1955年9月録音なのでバードは22歳。
ポール・チェンバース(事情でクレジットではDAVEだ)が20歳。
若いなあ。
四曲ともにそれぞれがソロをとっており、楽しいCDになっている。
聴きどころ満点だね。


うとうと。知らぬ間にお昼寝をしてしまった。
気が付けば大好きなポール・チェンバースがベースソロをとっている。
なんとも贅沢なお昼寝タイムだった。



[PR]

# by jazzwithaltec | 2017-05-05 20:09 | bluenote