2017年 02月 02日

スピーカーそのものを包み込む

狭い部屋でのスピーカーの設置場所と設置方法には苦労します。
あわせて部屋の反響音。これが曲者です。
四角い部屋での定在波の影響もあります。
ということでスピーカーの設置には工夫が必要になってきます。
昔はコンクリートブロックの上に乗せておくのが流行りました。
あるいは専用台とか、ピンなどを使うようにと言う条件が付いたりね。

狭い部屋だけどオーディオを楽しみたい。
そしてスピーカーとパワーアンプをできるだけ近い場所に置くことを考えました。
それには立体構造。これしかありません。
二階建てにして一階部分にスピーカーを設置し、二階部分にパワーアンプを置く。
これなら狭い我が部屋でもすっきりするかも。

さっそく日曜大工です。
年末のLP棚造りで活用した集成材。これを使います。
高さはONKYO E-83A/2 と TELEFUNKEN RB-46 がすっぽり入る寸法をキープ。
奥行はちょっと深めに。ボックス型の箱をLR二つ作ります。
その上に差し渡せる大きな板を乗せます。
がっちり。ゆすってみてもびくともしません。
パワーアンプはさらに大理石を置いた上に設置しました。
スピーカーには角材をフローリングとの間に挟み込み。
d0121493_14292444.jpg


スピーカーをすっぽりと囲み込むことで左右のSPからの音のセパレーションが高くなります。
さらに部屋の影響=スピーカーの背後の反射などの影響がボックスで囲い込むことで
左右とも同一の条件にできます。
ONKYO E-83A/2 は3ウエイでウーファー以外はホーンです。
スピーカーの裏側への音が回り込みは TELEFUNKEN RB-46 という同じ3ウエイですべてコーン型のスピーカーとは違うのですが、ともに音が以前より前に出ております。
すっきりと雑味のない音。いい感じ。
言い換えれば部屋の音響反射条件を整理してやってるということでしょうか。
しかもその上にパワーアンプまで置くことが出来て見た目もすっきりしました。
結線も最短距離で出来ました。

テストCDでスィープ信号を掛けてみます。
だいたい100から200の間でうねっていたのですが、このたびはそれが気になりません。
我が部屋の定在波でした。それが明らかに気にならない程度に減じてます。
これはいいぞ(^o^)/

スピーカー 包囲作戦は大成功です。
[PR]

# by jazzwithaltec | 2017-02-02 15:34 | audio | Comments(0)
2017年 01月 15日

40万円!

ジャズのレコードにおいてブルーノートは特別なものであることは認める。
そしてそのごくごく初期のものやオリジナル品がいまでも高い値段で取引されていることも事実だ。
これも、認める。

しかし..............
オークションで見つけたこれはどうなの?
d0121493_15583229.jpg

たしかに貴重なレコードなんだろうなあ。
ジャズレコード博物館 というものがあれば、そこに陳列されていても疑問がないようなものなんだろうね。
でも......


新年早々、びっくりさせられました。
この世界は奥が深い、いや、深すぎる。
[PR]

# by jazzwithaltec | 2017-01-15 16:01 | bluenote | Comments(0)
2016年 12月 01日

LPラックをつくる

レコード盤が
レコード愛好家が
どんどん減ってきていて、
CD派になってきたりハイレゾ派になってきていることは承知している。

でもやっぱりレコードは良い。好き。
ということで、各冊ごとに二枚のLPが付いた音楽全集本を買ってきた。
当時の定価は一巻2800円。
それがリサイクル店でなんと一冊100円(^o^)/
全部で31冊揃いなのだけれどそのうち1巻目から21巻目までの通し21冊。
結構重い。しっかりとした製本。解説部分の内容も深いものだ。
肝心のレコード盤も丁寧に扱われてきたらしく、傷もなくきれい。
残念ながらジャズ系ではなくクラシックだけどね。

せっかくなのでLPラック(LP本棚かな)を作ろう。
ホームセンターで集成材を買ってカットしてもらう。
ほぞ加工などはがんばってやりましょう。
これらの全集がすべて入るようにサイズを決めて加工組立開始。
休日の一日をかけて作成しました。
d0121493_1934363.jpg

高さは80センチ。幅は40センチ。20ミリの集成材なのでしっかりした出来だ。
これなら重いLP全集も大丈夫だ。

完成。
ためしにLPラックに並べてみる。
d0121493_19371040.jpg

うん。いい感じ。
誂えたようにぴったりだ(*_*)☆\(--メ)バキッ
寸法を測って作ったんだもの。ぴったりで当然なのだ。
集成材の値段のほうが音楽全集本よりも高くついたのは内緒です。
[PR]

# by jazzwithaltec | 2016-12-01 19:47 | etc. | Comments(0)